税込み20,000円以上で送料無料



自分のコントロール下に置かないとダメ

投稿者 : 杉本昭博 on

Amazonで販売

当店はAmazonジャパンのサイトでお酒の販売もしているのですが、中々キビシイ対応を強いられます。

コレは自社でコントロール出来ない所が多いために起こることなんですが、アマゾンではお酒に限らず口に入れるものはすべて返品が出来ない仕組みになっています。

密林

返金対応は可能

理由は分からないのですが、何故か返金されている商品があるのです。

理由を見ると「その他の理由」なんじゃそら?

しかもアマゾンからは返金しました。とメールが来るだけ。

詳細は連絡先がないので調べるのにかなりの時間がかかるので途中で諦めてしましました。

アマゾンあるある

こちらの商品に瑕疵があり返金するならわかるのですが、輸送中に割れてしまったものまでコチラで返金対応しないといけないという事があります。

アマゾンが発送したものにも関わらず・・・。

これらのことをアマゾンで販売している方なら判るのですが「アー、またか」といった感じになり実店舗で販売して万引に合うのと同じと思って諦めるそうですが。

本家のアメリカ・アマゾンは酷い

以前アマゾンUSA(本家)に出店していた頃、スマホの防水ケースを販売しアメリカに発送したのですが、1ヶ月位経ってから返品で帰ってきました。

アメリカ人はとりあえず買って要らないものはすぐに返品するという文化らしので、そのときは帰ってきたかーくらいに思って開封してみると、塩まみれの開封品が入っていました。

海水浴に行くので購入したが次回使う予定もないので返品してきたのだと思います。

そういった物でもアマゾンでは全額返金しないといけないのです。

なぜなら、アマゾンのシステムで評価というものがあり、返金に応じないと悪い評価を付けるぞと脅す卑怯者がいるのです。

悪い評価が付くと販売に支障をきたすのでみんな応じるので調子に乗ってこういったことをするバカがいます。

最近はこういったあり得ない返品について返金を要求するような事で付けられた悪い評価はアマゾンに言えば取り消してもらえるので減ってはきましたが。

 

王者も最近はキビシイらしい

アマゾンや楽天といえば最大手のショッピングモールですが、最近はこれらのショッピングモールから離れて行くネットショップが多いらしいです。

当店もそうですが、これらで販売すると手数料はバカ高いし理不尽な返金に応じないといけない。

アマゾンは理不尽な返金ですが、楽天はポイントシステムの費用が異常にかかる。

ポイント10倍とか普通にやっていますがその原資はすべて販売店なので売れても結局ポイントの費用で利益が出ないと言われています。

しかも出店料が短くて半年先払いで払わないといけない。

当店も出店を考えましたが、売れるかどうかもわからないところに数十万円の費用をかけて出店に躊躇しています。

営業からはしつこく連絡きますが、ノラリクラリとかわしています。

 

自社でコントロール出来る状態で販売したい

確かに、アマゾンや楽天に出店すると売れるのは売れます。

ただ、自分のコントロールが出来ない部分が多すぎるので出店にかかる費用分を広告費に使えばいいのもりますが、モールの手数料分を載せて販売するのでどうしてもある一定以上値段を下げることが出来ません。

実際、モールには沢山の酒屋が出店していますので、値段の叩き合いの商品もあります。

それは健全な状態ではないと考えています。

モール側はより値段を安くしろと言うが、そうやって自分の首を締めていることに気がついていないのでしょう。

気がついた販売店は離れていきます。モールで販売するのはただの広告と割り切っている。

なぜなら

自社のサイトならお客様からの声もダイレクトに届きますのでより細かい対応も可能になります。

どうしてもモールを使うとお客様との間にフィルターが掛かり、お客様が望むことを汲み取れないことがあります。

モールのシステム上、先程のように悪い評価を付けるぞと脅すつもりなのか、ただ上手く伝えることが出来ない方なのかの判断ができにくくなります。

そういったこともあり、当店は自社サイトで販売してお客様とつながった状態でお酒を販売していきたいと思っています。

私がこの記事を書きました

杉本 昭博 プロフィールはこちら

大阪生まれの大阪育ち
若い頃にBARレモンハートと言う漫画を読んで、ショットバーに憧れお酒の勉強を始めるが、2020年頃からお酒が飲めない体質になったが何故か酒屋を始める。


TOP