ろくでもない、素敵な酒あります



アメリカでバーボンを造っている蒸溜所 Vol.4

投稿者 : 杉本昭博 on

アメリカでバーボンを造っている蒸溜所第4弾はイリノイ州です。
イリノイ州はタバコとお酒に関するルールが厳しく、アルコールを酒屋で購入する際やレストランでの食事の際には年齢を証明する必要があります。
販売に関しては、ライセンスがあるお店のみで日本のようにコンビニなどで気軽に買えるところがありませんし販売時間も限定され、日曜日の販売は一部のみという徹底ぶりです。

イリノイ州

五大湖工業地帯の中心として発展し、ニューヨークに次ぐアメリカ第2の都市のシカゴがあるのがイリノイ州です。
スーパーマンの故郷、メトロポリスはイリノイ州南部に実在します。
イリノイ州最大の都市シカゴは超高層ビルで知られます。

 

ブラウム ブラザーズ

 兄弟

引用: https://www.blaumbros.com/

ブラウム ブラザーズ
BlaumBrosDistilling/
BlaumBros/
blaumbros/
銘柄 ブラウム ブラザーズ ストレート バーボン/ブラウム ブラザーズ ストレート ライ ウイスキー

 ブラウム ブラザーズについて
ブラウム ブラザーズ蒸留所の芸術性。

イリノイ州ガリーナに家族経営のクラフト蒸留所としてマットとマイクのブラウム兄弟によって設立されました。

ウイスキーづくりへの情熱から始まり高品質の手作り蒸留酒を作るという共通の情熱、長年にわたり、彼らはビジョンと品質への取り組みを共有しユニークで風味豊かな蒸留酒を幅広く含むように拡大してきました。

 

シカゴ  ディストラリー

 バーボン

引用: https://www.chicagodistilling.com/

シカゴ ディストラリー
chicagodistilling/
chicagodistilling/
chidistilling/
銘柄 ブラインド タイガー ライ

 シカゴ ディストラリーについて
シカゴ蒸溜所は2010年にシカゴのローガン スクエア地区の中心部にある家族経営のマイクロディストラリーです。 女性経営のクラフト蒸留所という事で柔らかな印象を受けますが、なかなかの女傑のようです:)

インスピレーションはウィスコンシンの奥地で密造酒を造っていた先祖たちの形で生まれ、2013 年に最初のスピリッツが蒸留されました。

当蒸溜所のレパートリーは、受賞歴のあるスピリッツだけでなく、すぐに飲める缶カクテルを含むまでに成長しました。

 

コッパー フィドル

 瓶

引用: https://www.facebook.com/copperfiddledistillery/

コッパー フィドル
copperfiddledistillery/
copperfiddledistillery/
CopperFiddle/
銘柄 コッパー フィドル バーボン/コッパー フィドル ライ ウイスキー

 コッパー フィドルについて
2013年と比較的歴史の浅い蒸溜所ですが、当蒸溜所のバーボンの味は熟成を重ねたものに匹敵します。

当蒸溜所で行ったテイスティング会では「非常に滑らか」「深いキャラメル」「バニラの風味」「ダークチョコレート」「バタースコッチのヒント」「トーストしたオークのフレーバー」「余韻が残る」などがあります。

その豊かな色と並外れた味わいは、焦がしたアメリカン ホワイト オークの小樽と3 穀物トウモロコシをベースにしたスピリッツの組み合わにあるのかもしれません。 バーボン好きの心を捉えるのはアーカンソー州の「古いスタイル」アメリカ製銅製ポットスチルで 1 パス蒸留されることにあるのかも。

そんな伝統的な製法で造られたバーボンは、カクテルもいいですが、ストレートか、レモンの皮のスライスを添えてオンザロックで飲むのもおすすのようです。

 

フュー スピリッツ

 バーボン

引用: https://www.fewspirits.com/

フュー スピリッツ
fewspirits/
fewspirits/
fewspirits/
銘柄 ストレートバーボンウイスキー/ストレートライウイスキー

 フュー スピリッツについて
FEW スピリッツは2011 年に創業のグレーン トゥ グラス蒸留所が蒸留するバーボンの銘柄、 イリノイ州エヴァンストンのシカゴ郊外にある隠れた路地で受賞歴のあるクラフト ウイスキーとジンを製造しています。

味、組み合わせ、革新性に邁進し、自分たちほど限界を押し広げる人はほとんど居ないと言い切ります。 なぜなら、誰と何を飲むかということと同じくらい、誰と飲むかが重要だからです。

FEW は穀物からマッシュビルや樽に至るまで、FEW は大きくて大胆なフレーバーをお届けします。

 

コーヴァル

 koval 蒸溜所

引用: https://www.koval-distillery.com/

コーヴァル
kovaldistillery
kovaldistillery/
kovaldistillery/
銘柄 コーヴァル バーボン

 コーヴァルについて
KOVALはは、明るく親しみやすいフレーバーで日本でもたくさん売られている蒸溜所ですが、2008 年にロバート・バーネッカー博士とソナット・バーネッカー・ハート博士の夫婦チームによって 2008 年に設立されました。

穀物からボトルまで最高の蒸留酒は最高の原料から生まれなければならないと信じており全ラインをゼロから作り上げています。

原料は信頼できる農家から収穫された農家から調達し、製粉、マッシング、蒸留、熟成、瓶詰めに至るまで綿密に監視および管理されています。

 

ノース ショア  ディストラリー

 ノース ショア蒸留所

引用: https://www.facebook.com/nsdistillery/photos

ノース ショア蒸留所
nsdistillery/
nsdistillery/
north-shore-distillery?trk=com
銘柄 アメリカンモルトウイスキー

 ノース ショア  ディストラリーについて
2004 年に設立された優れた材料、創造性、スキルを使用して、新鮮でオリジナルのフレーバーのオリジナルのクラフト蒸留所です。

彼らは、作るすべてのボトルに私たちの情熱、知識、芸術性を注入し、大量生産規模では不可能な真にオリジナルのスピリッツアーティストであり職人です。

流通範囲が限られているにもかかわらず、当蒸溜所の高い評価を得ているウォッカ、ジン、ラム、アクアビットは、世界中の蒸留酒ファンに愛され、探し求められています。

 

オピダン スピリッツ

 バーボン

引用: http://oppidanspirits.com/home/index.html

オピダン スピリッツ
oppidanspirits
oppidanspirits/
oppidanspirits
銘柄 ソレラ エイジド バーボン

 オピダン スピリッツについて
2000年頃に始まった蒸留は現在も進化を続け日々創造されているその光の角度にはビジョンがある。

当蒸溜所のアメリカン・ボタニカル・ジンとモルト・ライ・ウイスキーは、世界最古のクラフトのひとつに敬意を払いつつ、独特の現代的な視点を取り入れている。 そのユニークな個性は、カクテルのベースとしても優秀ですが、ストレートやロックでも楽しめます。

 

クインシーストリート

 バーボン

引用: https://www.facebook.com/whiskeyacres/photos

クインシーストリート
QuincyStreetDistillery
QSDistillery
銘柄 バーボンスプリング/ハース&パウエル

 クインシーストリートについて
イリノイ州のリバーサイドは自然と文化、都市と田園が融合した牧歌的な場所としてセントラル パークの造園の主幹であるフレドリック ロー オルムステッドによって設計されました。

そんなリバーサイドの中心部にある歴史的な店舗で運営されています。

周りには活気のあるコミュニティ アート センターがあり、クインシー ストリート蒸留所は、最高級の地元食材を使用し、他の地元の職人と協力するという取り組みを通じて、クリエイティブとクラシックのバランスをとった細心の注意を払ってスモールバッチのスピリッツを製造することで、この伝統を尊重しています。

 

ウイスキー エーカーズ

 バーボン

引用: https://www.facebook.com/whiskeyacres/photos

ウイスキー エーカーズ
eyacres
銘柄 ボンドバーボン

 ウイスキー エーカーズについて
最高の土壌で栽培された最高級の穀物と岩奥深くにある石灰の帯水層によって自然に濾過された水を使いシカゴの裏庭で一年中蒸留を行っておりそのバーボンは造られています。

 

ワンダータッキー

 バーボン

引用: https://wondertuckywhiskey.wixsite.com/wondertucky

ワンダータッキー
銘柄 ワンダータッキーシャイン

 ワンダータッキーについて
イリノイ州マクヘンリー郡で歴史上初の合法クラフト蒸留所で、ワンダータッキー シャイン コーン ウイスキーは自然な風味を保つために単一濾過され手作業で瓶詰めされています。

しっかり焦がしたアメリカンホワイトオーク樽の中で繊細な熟成を経て出来上がったバーボンは大手のものに退けを取らない物となっており、チョコレートとキャラメルの風味が、しっかりとした風味を引き立てて人工香料や添加物を一切含まない高品質な仕上がり。

 

Vol.4は、おしまい。Vol.5に続く

目次ページはこちら

0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。


TOP